3Dレーザースキャナー(FARO)を導入しました

2020-02-12

3Dレーザースキャナー”FARO(ファロ)”を導入いたしました。

『3Dレーザースキャナー』とは、
レーザー光を対象物に直接当て、戻ってきたレーザー光の時間のずれにより距離を確定し、瞬時に広範囲の3次元座標データ(点群)を取得する計測機です。

レーザースキャナーには、

〇広範囲を短時間で測量できるため、従来の測量方法に比べ大幅な時間短縮が可能
〇危険箇所でも離れた場所から安全に測量が可能
〇従来の方法では
難しかった場所(明かりの灯せない洞窟、触れてはいけない文化財など)の測量が可能

〇個人差によるデータのずれなどの解消が可能

上記のような利点があり、測量出来る範囲が大幅に広がると共に色々な分野での活用も期待できます。

これから弊社でもこのレーザースキャナーを使用する機会を増やしていけるよう、社員一丸となって頑張っていきたいと思います。

Copyright(c) 2011 テクノ富貴株式会社 All Rights Reserved.